車庫証明
正式には「自動車保管場所証明書」と言います。
その名の通り、車庫や駐車場などその自動車専用の保管場所が確保できていることを証明してもらう書類になります。
自動車を登録する際や名義変更際にに必要となります。
新車、中古車で購入した場合はもちろん、譲り受けた場合であっても取得しなくてはなりません。

名義変更
正式には「移転登録」と言います。
自動車の所有者・使用者を変更する場合には移転登録の手続が必要になります。
税金・保険などトラブルの元になりますので所有者・使用者の変更があった場合は速やかに手続きしなくてはなりません。
手続きは管轄の運輸支局で行います。

自動車関連サイト: 自動車税・重量税・取得税infoで自動車の税金をチェック http://www.jidoushazei.info/

関連ニュース
三重県警伊勢署が1195件の車庫証明申請書を誤って廃棄
2012.6.7 

EVへの関心度が低い日本市場、66%が購入予定なし
2011.10.14 環境ビジネス.jp

トヨタ自動車、2年以内にヨーロッパの年間新車販売台数を100万台以上に
金融危機やリコールの影響で2010年は80万台だった新車販売台数を金融危機前以前の水準である100万台以上に回復させることを目指す。
トヨタ・モーター・ヨーロッパのディディエ・ルロワ社長が明らかにした。
2011.6.9

コラム
先日、クライスラーが米国運輸省のリコール勧告を拒否したというニュースがありました。
日本ではありえない、さすがはアメリカと思っていたら、アメリカでも珍しいケースのようです。
外国車に乗っていると、これはリコールでしょ?と思うような故障もリコールにならず自費で修理ということはよくあることのようなので、やはり外国と日本とのリコールに対する姿勢は違うと思います。
2013.6.7

エコカー補助金が終了して初めての新車販売台数が発表されました。
前年同月比8.1%減と予想通りのマイナスでした。
今年7月まではエコカー補助金と東日本大震災後の需要減の反動で前年同月比130〜190%で推移してきていましたが、8月になってやや減速、9月にマイナスとなりました。
10月以降も厳しい状況が続くかと思われるので心配です。